small lights in this quietroom
静 か な 部 屋 の 小 さ な 光
2017.10.11
yra もはじまります。
 yra = どこかの国の言葉で、「ある」ということ。


 



 yra(ヤラ)さんは、日常で感じたことを「装う」アクセサリーとして形づくる表現をされているおふたり。今秋よりquietroomでお取扱いがはじまります。


 ⁂


 

 「odayakana-hibi(穏やかな日々)」

 穏やかな日々とはなにかゆっくりと考える。それは毎日、小さな丸が続いていくようなことではないか。




 

 「kocho(こちょ)」

 山から水が染み出し、聞こえてくる、小さく流れる こちょこちょ という音のイメージと形。





 

 「inori(祈り)」

 子どもの編んだミサンガのように、いびつな形の中に一途な祈りが込められたリング。それは祈ることそのものの形。


 ⁂


 アクセサリーのお素材には、日常にも取り入れていただきやすい10金素材を使用しています。


 yraさんとは、イメージから形が出来上がるまでの、ひとつひとつのアクセサリーに込められたことのお話が尽きません。デザイナーのおふたりからお伺いしたそれぞれの作品の背景も、ゆっくりとお伝えさせていただければと思っています。



 


 今月の「ショートトリップ」からご覧いただけます。新しい出会いをどうぞお楽しみになさってくださいね。(今後の予定はひとつ前の記事をご覧ください。)


 m
quietroom
website:
thisquietroom.com
お問い合わせ:
thisquietroom@gmail.com
オンラインショップ:
thatquietroom.com
記事一覧へ戻る
© quietroom 2016-17.