a light in watermelon sugar
西 瓜 糖 の 日 々
2018.8.2
8月2日のプレイリスト (for movies)
 (あるいは、夏を生きる糧のプレイリスト。)



 
 『汽車はふたたび故郷へ』オタール・イオセリアーニ
 完璧にコントロールされた動きの滑らかさからでしょうか、身体的なリラックス効果に溢れた作品です。(5時間くらいかけて観るときのうとうとも最高。。)




 
 『婚約者の友人』フランソワ・オゾン
 オゾン①:「これくらいで終わるのがいいんだよ」とばかりに、映画の達人は物語を追いかけすぎません。衣装も映像も目にやさしく、全てが適度で大人な(それでいて作家性を外さない、成熟の)傑作です。




 
 『彼は秘密の女ともだち』フランソワ・オゾン
 ②:オゾンの(適度でない方!の)最も好きな作品です。(「オゾンはずすこと多くて恐怖症なんです」→映画好きのお客さまからのメール。笑 確かに少なくない、しかも大怪我する作品もなかなか愛おしいものがあるのです。。)




 
 『ルルドの泉で』ジェシカ・ハウスナー
 シリアスながらどこかコメディー的な印象、そして文化的距離を飛び越えて妙に「わかってしまう」理由はなんと・・・! すごく変な映画で大好きです。




 
 『人生はビギナーズ』マイク・ミルズ
 最後は柔らかな陽光に思いをはせて。。



 m
quietroom
website:
thisquietroom.com
お問い合わせ:
thisquietroom@gmail.com
オンラインショップ:
thatquietroom.com
記事一覧へ戻る
© quietroom 2016-18.