tender is the night in light
夜 は や さ し
2018.12.15
the last flower of the afternoon/atelier Re-tour
 重ね着が楽しくなる季節、ゆったりとあたたかなコーディネートのご紹介です。


 


 その前に...(*長い注)


 先日の「ニテとレテ」会期中、はるばる札幌よりthe last flower of the afternoonのデザイナーさんがご来場くださいました。その日にお召しだったコーディネートを本日は紹介させていただこうかと・・・


 


 (同系色のパンツにあわせてシックにまとめられていてさすがの着こなしでした。作り手さんから直接お話が伺える大変貴重な機会でしたので、偶然居合わせたお客様にも喜んでいただけて、わたしたちもとても嬉しかったです。)


 ⁂


 
 「灰の帷(とばり)pullover shirt」


 保温性の高い上質なシェトランドウールのプルオーバー。

 ドロップショルダーのゆったりとしたシルエットはリラックス感があり着心地もよく、ニットやベストがわりにブラウスやワンピースの上に重ねてお召しくださいませ。


 
 「真冬の雨smock blouse」


 しなやかで柔らかなコットンシルクローンのスモックブラウス。

 保湿性、保温性が高く、静電気を発生しにくいといわれているシルクを混紡した素材です。リボン結びをポイントにニットやカーディガンと組み合わせても。


 
 atelier Re-tour「ルナリアのブローチ」


 胸元にワンポイント。染めた紙で仕上げた繊細な植物のブローチです。

 長年試作を繰り返しようやく完成した紙染のアクセサリーは、紙のもつ柔らかな質感をそこなわないよう樹脂加工されており、ドライのルナリアのように中の種が透ける仕上がりとなっております。


 the last flower of the afternoonは札幌、atelier Re-tourは旭川と北海道をベースとされています。かねてからこの2ブランドのコーディネートはご紹介しておりますが、とても相性が良いのでぜひ色々とあわせてごらんになっていただきたいです。


 
 atelier Re-tour「ミニバラのピアス」



 
 atelier Re-tour「ミニバラの耳飾り」


 i
quietroom
website:
thisquietroom.com
お問い合わせ:
thisquietroom@gmail.com
オンラインショップ:
thatquietroom.com
記事一覧へ戻る
© quietroom 2016-18.