getting lost in light
迷 う こ と に つ い て
2019.10.8
「深沈たる biaude coat」
 いよいよ秋本番も近く、重ね着のグラデーションが楽しい季節がやってきますね。羽織物の出番が多くなり、あたたかなものを身に纏うとこころ穏やかに過ごせそうなこのごろ・・・


 


 the last flower of the afternoon(ザラストフラワーオブジアフタヌーン)2019-20 - serenity - より、「深沈たるbiaude coat」のご紹介です。

 1900年代初頭のフランスで羊飼いや画家たちが愛用していたbiaude(ビオード)という羽織ものをイメージしたコート。


 


 肩、背中、お袖と贅沢にギャザーを配し、biaudeならではのクラシカルで丸みのある立体的なシルエットが浮かびあがります。


 


 


 深起毛加工が施されたふっくら柔らかなオックス生地はとても丈夫で型崩れしにくくコートとして最適のお素材です。ゆったりと着心地がよく、寒い冬も中に着込んでいただけますよ。


 


 襟元のベルベットリボンを着こなしのポイントに。リボン結びで可愛らしく、結ばずにパンツスタイルにさらっと羽織ってかっこよいイメージにも。


 


 


 フランスアンティークのデザインや佇まいを現代的な解釈で表現し、着心地や機能性へも配慮されたお洋服たち。


 「静けさ」のコレクションをぜひお楽しみくださいませ。


 



 「深沈たるbiaude coat」black

 「深沈たるbiaude coat」sand beige



 i
quietroom
website:
thisquietroom.com
お問い合わせ:
thisquietroom@gmail.com
オンラインショップ:
thatquietroom.com
記事一覧へ戻る
© quietroom 2016-19.