the world of yesterday
昨 日 の 世 界
2020.11.3
quietroomの『室内映画賞』2020
 たしかに、その当時でさえ、すでに、思想が変化しはじめていた。真実と美から、なぐさめとしあわせへ。―『すばらしい新世界』オルダス・ハクスリー

 
 毎年末のお遊びでありますが、今年は文化の日の催しがないこともありますので、代わりに、少し早めの(でも、なんて一年、もう11月!)、quietroomの『室内映画賞』2020、発表です。

 【選定方法:2020年1月1日~11月2日に観た映画の中から、新旧の区別なく、まずはmとiそれぞれが好きな作品をピックアップ。その中で「両者がともに選んだ」作品の25本を候補とし、そこへそれぞれ同数の持ち点をルールのもとに投票(ルールの説明は割愛しますが、真剣に、多少細かく設定をしました。笑)、合算により10作品を選定。】

 と、ルールの設定を始め、お遊びだからこその真面目さ、そして民主的なプロセスによって(遅いも早いもなく、出会ったと感じたときこそがその時!の精神で)リスト化しております。

 それでは、どうぞご参考までに。(日本版の予告は内容が伝わりすぎるきらいがありますので、原語で観ることの出来る映像を付けております。)

 ご自愛ください、楽しみましょう、学びましょう、などなど、交わす言葉はいろいろ。大変な年、大変な日々でありますが、正気でおりましょう。ご感想のメールも、どうぞお気軽に。そしてどうか、交わす言葉がなくなりませんよう。m


 


 quietroomの『室内映画賞』2020


 
 1.『サマーフィーリング』ミカエル・アース



 
 2.『心と体と』イルディコー・エニェディ



 
 3.『アスファルト』サミュエル・ベンシェトリ



 
 4.『あなたはまだ帰ってこない』エマニュエル・フィンケル



 
 5.『マザーレス・ブルックリン』エドワード・ノートン



 
 6.『エンド・オブ・ザ・ワールド』ローリーン・スカファリア



 
 7.『ラビット・ホール』ジョン・キャメロン・ミッチェル



 
 8.『はじまりへの旅』マット・ロス



 
 9.『僕たちは希望という名の列車に乗った』ラーズ・クラウム



 
 10.『田園の守り人たち』グザヴィエ・ボーヴォワ


 


 書ききれないこともありますので、年末に続きがある...かもしれません。(▶お店らしい追記:衣装をもっとも楽しむなら、④と⑩、本当に完璧です...!)


 m & i
quietroom
website:
thisquietroom.com
お問い合わせ:
thisquietroom@gmail.com
オンラインショップ:
thatquietroom.com
記事一覧へ戻る
© quietroom 2016-20.